スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城県外からお越し頂くカップル様へ

 大変ありがたい事に、

アンシャンテには今、

 東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、福島、山梨から、

たくさんのカップル様がお越し頂いております。

 本当に感謝の気持ちで一杯です。

 また、多くのお問い合わせも頂いております。

現在、アンシャンテでのフォトウェディングをご検討頂いている皆様、

ありがとうございます!

 お二人の一生カタチに残るウェディングフォトを、

アンシャンテがお手伝いできれば嬉しいです!


 その中で、

お客様にとっては、遠方よりお越し頂くので、

衣装合わせから撮影までを、

1日で終わらせる事を希望されるカップルさんが多いです。

 それは当然ですよね。

わざわざ茨城県ひたちなか市までお越し頂くのですから。

 たぶん責任者の私が、もしお客様の立場でもそう思います。
 

 但し、


アンシャンテでは、カップル様に、このようにお話させて頂きます。

お写真は一生カタチに残る大切なものです。だからこそ、予約をする前に、一度遠くてもアンシャンテにお越し頂きたいと思っています。そして、お二人にアンシャンテのコンセプト、お写真をご覧頂き、大切なお写真を残る場所が本当にアンシャンテでいいのかを確かめて頂きたいのです。」

 もちろん、一度来館頂かずに御予約を頂く事は嬉しい事ですし、

その方が売上も上がると思いますし、

実際に来館をしてみて、

アンシャンテでの撮影を、とりやめてしまう方もでてくるかもしれませんし、

ライバルのスタジオに流れてしまうかもしれないですし・・・・・


 ただ、


アンシャンテはウェディングフォトに対する、並々ならぬ情熱を持っており、

まずはお客様にアンシャンテのコンセプトをご理解頂く事が大切だと感じています。


 だからこそ、一度来館頂き、やっぱり「アンシャンテはやめよう」

というようなカップル様がでてくるリスクを冒してでも、

一度ご来館頂きたいのです。


 そして、カップル様にしっかりとアンシャンテについてご納得頂き、

アンシャンテのフォトウェディングを体験して頂きたいのです。


 もちろん、

大変お忙しい方であったり、

どうしても2度アンシャンテにお越し頂けない方には、

1日で全てを完了する事もできます。

 ですので、HPなどでアンシャンテのコンセプトをご理解頂き、

当日で全てを完了してもOKとの事であれば、

一度ご来館頂かなくても全然OKです。


撮影についてのご質問など、何かございましたら、

お気軽にお電話、もしくはメールして下さいね。

029-354-6432

info@enchante-wedding.com




 但し、当日撮影の場合は、撮影日を決めて頂き、

正式予約のために、御予約金2万円を事前にお振込み頂いております。

また、当日来館後のキャンセルもお受けできません。

もちろん体調不良などの理由での撮影延期はOKです。


 当日キャンセルをお受けできない理由は、


 アンシャンでは、カップル様の大切なウェディングフォトを撮影する為に、

1日に撮影する組数を少なくしております。

 それもアンシャンテの大事なコンセプトの1つでもあります。

だからこそ、御予約をいれて頂いたカップル様のために、

他のお客様を断っているケースが多いのです。


 そのあたりをご理解頂ければ嬉しく思います。


ウェディングフォトは、一生カタチに残る大切なものです。


日本では、結婚式の中で「写真」は、どちらかというと軽視されています。

アンシャンテは真剣に、日本全国の皆様へ「ウェディングフォト」の重要性を

訴えていきたいと思っています。


 本当にたくさんのお客様が、茨城県外からご来館頂き、感謝の気持ちで一杯です。
 

これからも、わざわざ遠方からでも、

茨城県ひたちなか市までお越し頂ける価値ある

ウェディング施設として頑張ります。








今日も読んでくれてありがとう!



小野 哲人


アンシャンテHP
↑和装前撮り、ロケーションフォト、洋装フォトウェディング、少人数挙式ならばお任せ下さい。

ウェディングセレクトショップ水戸(略してウエセレ)公式HP
↑水戸市水戸駅南中央通り沿いのウェディング複合施設です。館内には、全ての白ドレス、色ドレスが10万円以下の格安&リーズナブル「ドレスショップ ミュール水戸」、ブライダルシアター「イストリア」、レストランウェディングプロデュース「エクラ」、無料で結婚式の情報が取得できる「無料ウェディングカフェ」があります。

アンシャンテマネージャーのブログ
↑アンシャンテで撮影したカップルの「ウェディングフォト」が中心のブログです。

アンシャンテ「ウェディングフォトギャラリー
↑まずは写真を見てください!茨城県だけでなく、東京、千葉、神奈川、埼玉、群馬、栃木、福島、新潟、山梨からもお客様が来館する理由です!

アンシャンテ「ウェディングアルバムギャラリー」
↑アンシャンテこだわりの「ウェディングアルバム」を一挙大公開!

小野写真館公式HP
↑七五三、成人式、家族写真は任せて下さい!

ドレスショップ「ブランシェ」
↑アンシャンテ併設のドレスショップです。選りすぐりの最新ドレス&和装がたくさん!

ブライダルエステサロン「ピエニュ」
↑ブライダルエステ専門だから安心! 一切売り込みはしません。「安心」がコンセプトです。

ドレスブランド「シュガーケイ」
↑茨城県で大人気のドレスブランドです。

オススメの茨城県の結婚式場&ゲストハウス
↑茨城県の結婚式場&ゲストハウスをお探しのカップルさん必見


*ウェディングセレクトショップ水戸は、茨城県初の無料でウェディング情報を仕入れられる「ウェディングカフェ」、リースナブル&格安(全品10万円以下)のウェディングドレス、カラードレスが中心のドレスショップ「ミュール」、茨城県初!ブライダル映像&音響スペース、レストランウェディングプロデュース「エクラ」による、ウェディング複合施設です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

小野哲人

Author:小野哲人
小野写真館代表取締役。

元外資系金融。

アンシャンテ、茨城美少女図鑑、二十歳振袖館Az、アンシャンテナチュレ、cocoa、ブランシェ、ミュール、アルシェを運営。

ラスベガス大好き。ブラックジャック大好き。スティーブジョブズが大好き。

座右の銘「Stay hungry,Stay foolish」

facebook
Tetsundo Ono

バナーを作成
facebookフィード購読
facebookの投稿はこちらから! 最近はブログよりもfacebookへ毎日記事を投稿してます。
twitter
calender
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
過去ログ +

2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【5件】
2014年 07月 【2件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【15件】
2013年 12月 【27件】
2013年 11月 【27件】
2013年 10月 【11件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【6件】
2013年 06月 【1件】
2013年 03月 【2件】
2012年 10月 【1件】
2012年 06月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【2件】
2011年 05月 【5件】
2011年 04月 【10件】
2011年 03月 【16件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【31件】
2010年 12月 【31件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【31件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【31件】
2008年 12月 【31件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【30件】
2008年 08月 【20件】

Link
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。